Kirala

kirala(キララ)の口コミ・評価・評判。管理人が実際に試してみた。

更新日:

kirala(キララ)というウォーターサーバーが気になるけれど、実際どうなのでしょうか?気になっている方も多いかと思います。

そこで管理人が実際にkirala(キララ)を契約してみましたので、実際に口コミしてみます。

1.Kirala(キララ)の到着

ウォーターサーバーのKirala(キララ)が到着しました!Kirala(キララ)は佐川急便にて配送されていました。

Kirala(キララ)の本体が左側でKirala(キララ)のウォーターパックは右側です。別々で配送されます。

Kirala(キララ)の段ボールは下側がこのようにカットされていて段ボールだけを簡単に取り外せるようになっています。管理人はこれに気が付かずにKirara(キララ)を上に持ち上げようと必死になっていました。でもKirala(キララ)って20kg近くあるので、持ち上げるのは無理です。

Kirala(キララ)のウォーターパックをサーバーに設置してみます。Kirala(キララ)はこのように上部だけ取り外すことが可能です。ウォーターパックの取り付けも比較的に簡単にできます。

いよいよ設置完了!とても洗練されたおしゃれなデザイン!素敵です。これからいろいろ口コミレビューしていきますよ!

2.Kirala(キララ)のメリット。口コミ・評価・評判

Kirala(キララ)を実際に使ってみて感じたメリットについて書いていきます。

2-1.水がおいしい

Kirala(キララ)の水はとても美味しいです。Kirala(キララ)の水の採水地は富士山のです。富士山の水は他の水とは違い特別な水として言われています。その理由は富士山には川がないからです。

川がないため、富士山に降った水は地下水として流れていきます。その地下水は何百年かけて富士山の地層で綺麗にろ過されていくのです。Kirala(キララ)は富士山麓の1030mもの標高に採水工場があり特に美味しい水を採水できるといわれています。

実際に飲んでみても確かにおいしく感じます。まろやかな口あたりで飲みやすい印象です。日本人好みの味だな、と感じました。

Kirala(キララ)の水の成分は次の通りです。

シリカ 48mg
バナジウム 70ug
カルシウム 7.1mg
ナトリウム 4.4mg
マグネシウム 2.5mg
カリウム 1mg
炭酸水素イオン 37mg
亜鉛 10ug

 

2-2.おいしい炭酸水が作れる。裏技も紹介

実際にKirala(キララ)の炭酸水パックも購入してみました。

Kirala(キララ)の炭酸ガスカートリッジとシェイカーです。この段ボールの中にガスカートリッジが6本入っています。

炭酸ガスカートリッジはこのようにKirala(キララ)の下部に取り付けます。このガスカートリッジ1本で約30回分の炭酸水を作ることができます。

まずは、普通にKirala(キララ)の水を専用のシェイカーに入れます。

 

次にシェイカーの蓋を閉めてKirala(キララ)の水が出る場所の右側にある炭酸水専用の接続部分に専用シェイカーを取り付けます。その後ボタンを押してシェイカーの中に炭酸を注入します。

このときにシェイカーの蓋をしっかり閉めないと炭酸が漏れてしまい、炭酸水を作ることができないので注意しましょう。

ボタンを押して7秒ほどで、炭酸が入らなくなります。その後専用シェイカーを何度か振って炭酸水の完成です。

いい感じの炭酸水を作ることができました。ちなみに、炭酸を注入後に専用シェイカーを振る回数で炭酸の強さを変えることができます。

  • 2,3回 →微炭酸
  • 20回  →強炭酸

というように自分の好みの炭酸水を作ることができるのが嬉しいですね。一度2,3回の微炭酸も試したのですが、ちょっと物足りなさを感じました。個人的には強めの炭酸水が好きです。毎回20回以上振りますw

これは個人の好みになると思うので色々試してみるといいと思います。

ちなみに説明書や公式サイトにも載っていない方法ですがさらに強力な炭酸水を作る裏技もあります。

・さらに強力な炭酸水を作る裏技の手順

  1. 炭酸を注入後シェイク
  2. 炭酸水注入口に専用シェイカーを再度取り付ける
  3. 再度炭酸を注入しシェイク

の3手順です。炭酸を注入するときに限界まで炭酸を入れると自動的に炭酸の注入が止まるのですが、シェイク後に再度注入すると、さらに炭酸を追加できます。

これを利用しとてもつよい炭酸水を作ることができます。実際に飲んでみたのですがかなり強力な炭酸水ができあがりました。味も問題なくおいしいです。ただ、炭酸の消費量は多くなりますので、計画的なご使用を・・・。

2-3.オートクリーン機能で安心

Kirala(キララ)にはオートクリーン機能があります。一日に一度Kirala(キララ)のウォーターサーバー内のお湯を循環させて殺菌し、清潔に保つ機能です。

クリクラのように基本価格の安いウォーターサーバーでは、このような機能は搭載されていません。この機能が搭載されていないウォーターサーバーは年に1度お金を払ってメンテナンスを行うのですが、年に1度って結構不安です。真夏の暑い部屋に何百時間も置きっぱなしにすることがあるのでできるだけ細かくメンテナンスして欲しいと思います。

Kirala(キララ)は毎日使うものだから毎日清潔に保ってくれるのはとても嬉しいですよね。特に小さな子供、赤ちゃんや妊婦の方には特にお水の清潔さは気になると思います。そういう方にはとても向いているウォーターサーバーですね。

 

2-4.ウォーターパックがいい感じ

Kirala(キララ)のウォーターパックはとても評判がいいですね。Kirala(キララ)のウォーターパックが優れているのは4点あります。

  1. パックの回収の必要がない
  2. コンパクトにたたんで捨てられる
  3. 容器に外部の空気が入らない
  4. 容量が7.2ℓで軽量

という4点です。

1ℓのペットボトルと並べておいてみました。少しパックが大きく見えるかもしれませんが、女性でも扱いやすいサイズです。このサイズよりも小さいとお水の交換が頻繁になって逆に面倒になってしまいます。

ウォーターパックを使い切ってたたむとこんな感じになります。左が畳んだ状態、右が新品のウォーターパックです。

折りたたむと手のひらサイズになります。とても小さくなるので、自宅のゴミ箱に捨てることができます。

・キララ富士山の天然水について(1箱4パック入り)

原材料名 水(鉱水)
採水地 山梨県南都留郡山中湖村
内容量(1パックあたり) 7.2ℓ
水質(1ℓあたり) 溶存酸素 9mg
硬度 28mg(軟水)
pH値 8.2
賞味期限 ウォーターパックに記載(約半年)

2-5.蛇口が1か所

Kirala(キララ)の蛇口は一か所のみです。

真ん中の蛇口から温かいお湯も、冷水も出てきます。そのため、500mlなどの口の小さなペットボトルでも確実に台に置いてお水を入れることができます。中央に置けばいいだけですからとても簡単ですね。

2か所にあるタイプですと、台に置ききれずに手で持って補給する必要がありますが、Kirala(キララ)ではこのような心配はありませんね。

 

2-6.蛇口のライトが便利!

Kirala(キララ)の蛇口にはLEDライトが付いています。このLEDライトはお湯やお水を使うときに自動的に点灯します。このライトがあることで、コップに今どれくらいみずが入っているのかはっきりとわかるようになっています。

お水を出していない状態です。暗くてどれくらいお水が入っているのかとても分かりにくいですよね。

お水を入れると自動的にLEDライトが点灯します。お水が今どれくらい入っているのかとても見やすいと思います。

実際に使ってみてこのLEDライトがとても便利だな、と感じました。お水の量がどれくらい入っているのか分からないで入れすぎてこぼれてしまう、ということもなく安心して使えます。

 

2-7.チャイルドロックの使い勝手がいい

Kirala(キララ)のチャイルドロック機能はとても使い勝手がいいです。チャイルドロック機能はお湯をだすときと炭酸水を作るときの炭酸を出す際に解除する必要があります。

ということで、実際に使ってみました。

解除方法は簡単です。Kirala(キララ)の蛇口の上にある解除ボタンを3秒間押すだけ、たったこれだけです。

 

その後、熱湯のボタンを押せば熱湯がでてきます。とても簡単です。

また、このロック方式であれば赤ちゃんや小さな子供が誤ってお湯をだしてしまい火傷をしてしまったということもないでしょう。

3.Kirala(キララ)のデメリット。口コミ・評価・評判

Kirala(キララ)を実際に使ってみて感じたデメリットを紹介します。

3-1.ウォーターパックの交換が手間

Kirala(キララ)のウォーターパックは交換のときに少し手間がかかります。手順は次のとおりです。

  1. 本体からウォーターケースを取り外し、タオルなどを敷いた場所に置く
  2. ウォーターケースからウォーターパックをとりだす
  3. 新しいウォーターパックを取り付け本体に戻す

という手順です。

ウォーターパックを交換するときにタオルを用意する必要がある、ということは多少なりとも水が漏れるということです。

ためしにやってみましたが、交換時期のウォーターパックには結構な量の水が残っていて慎重に交換しないと水が漏れてきてしまいます。

慣れてくれば漏れる量は減ると思いますが、コツをつかんでも水が漏れる量を0にするのは難しく感じました。

 

3-2.料金は割高感

Kirala(キララ)のウォーターサーバーの料金はやや割高です。主な料金についてはこのようになっています。

契約事務手数料 全てのモデル 3000円(無料キャンペーンあり)
サーバーレンタル料 全てのモデル 1200円/月
配送料 全てのモデル 無料
入会金 全てのモデル 無料
解約料 1年プラン 5000円
2年プラン 13000円
3年プラン 18000円
パック代(7.2リットル) 1年プラン 1250円/パック
2年プラン 1150円/パック
3年プラン 1050円/パック
パック代(500ml枚の値段) 1年プラン 約87円
2年プラン 約80円
3年プラン 約73円
サーバーメンテナンス代 全てのモデル 無料
電気代 通常モード 1300円
エコモード 880円

また、これとは別に炭酸用のカートリッジも別売で販売されています。炭酸用のカートリッジの料金は次の通りです。

【炭酸水の料金表】

炭酸ガスカートリッジ(6本入り) 通常購入 3900円
定期購入 3600円
炭酸シェイカー 2500円
炭酸ガス&シェイカーセット購入 通常購入 4300円
定期購入 4000円

 

詳しい料金については『kirala(キララ)の料金、値段、費用について総まとめ』で解説しています。なるべく費用を抑えるためには、パックの契約プランを3年にして長く使い続けるといいと思います。

 

3-3.オートクリーン機能は不便になることも

Kirala(キララ)のオートクリーン機能は一日に必ず1度は動作するように設定されています。オートクリーン機能は一度動作すると3時間ほどかけてウォーターサーバー内を殺菌し綺麗な状態に保ちます。

オートクリーン機能の動作中はお水やお茶、炭酸水を作ることができないため注意が必要です。せっかくお客さんが来て炭酸水を作りたい、と思ったのにオートクリーン中だったらショックですよね・・・。

ただ、オートクリーン機能は動作する時間を設定することができます。我が家ではオートクリーン機能は夜の1時~4時の間に動作するように設定しています。深夜の時間帯に設定することで、オートクリーン機能で使用することができない、ということを避けることができます。

 

3-4.停電時は使えない

Kirala(キララ)のお水は全て電気で管理されています。コックを捻ってお水やお湯を出すウォーターサーバーと違い、電気がない場合はお水を出すことができなくなってしまいます。

特に災害時や緊急時に停電した場合にお水を使うことができないので気を付けましょう。

4.Kirala(キララ)の基本情報まとめ

Kirala(キララ)スマートサーバー

カラー ホワイト/ブラック/ピンク
重量 約21.3kg
サイズ 約(幅)317mm ×(奥行)300mm ×(高さ)1,275mm
定格消費電力 冷却 約80W
加熱 約400W
温度 冷水 約3~8℃(通常時)約10~18℃(エコモード時)
温水 約83~93℃(通常時)約60~70℃(エコモード時)
タンク容量 冷水 1.4ℓ
温水 1.8ℓ


-Kirala

Copyright© ウォーターサーバーの口コミ・評価・評判ブログ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.