ウォーターサーバー総合情報

ウォーターサーバーとペットボトルはどちらが安い?徹底比較

投稿日:

ウォーターサーバーを検討している人にとってペットボトルの価格は気になるものですよね。ウォーターサーバーとペットボトルのお水はどちらが安いのでしょうか?徹底的に比較してみました!

1.ウォーターサーバーとペットボトルの価格比較

1-1.最安値比較

当サイトで探したところ、ウォーターサーバーの最安はアルピナウォーサーターサーバー、ペットボトルの最安はAmazonオリジナル水のHappy Belly天然水 岐阜・養老 2Lでした。

商品名 Happy Belly天然水 岐阜・養老 2L アルピナ
水以外の費用 0円 レンタル料617円
電気代約1000円
500ml当たりの価格 16.25円 42.66円
1カ月当たりのコスト(24l) 780円 3610円

 

最安値のペットボトルと最安値のウォーターサーバーを比較したところ、約2830円の差があることがわかりました。最安値の比較ではペットボトルの方がお得ですね。お水自体の値段も安いですが、お水以外のレンタル料や電気代がかからない点が大きいと言えます。

 

1-2.人気のウォーターサーバーと人気のペットボトル

次に売れ筋のペットボトルとウォーターサーバーを比較してみたいと思います。

ペットボトルは価格.comで一番人気が高かったサントリーの南アルプスの天然水です。ウォーターサーバーはグッドデザイン賞を受賞したフレシャスデュオです。

 

商品名 サントリー 天然水(南アルプス) 2L フレシャスデュオ
水以外の費用 0円 電気代1000円
500ml当たりの価格 23.75円 81円
1カ月当たりのコスト(24l) 1140円 4890円

お値段の差はさらに広がり3750円の差になりました。人気の売れ筋ということで、ウォーターサーバーはデザイン性や多機能性からペットボトルよりも4倍近くのお値段になってしまいました。

 

2.でも実際はウォーターサーバーの方がおすすめ。その理由

ペットボトルの水とウォーターサーバーの水を比較してウォーターサーバーは価格面ではペットボトルに劣ることがわかりました。じゃあ、ペットボトルの方がいいのか?実はそんなこともありません。ウォーターサーバーは価格面では少し不利かもしれませんが、メリットもたくさんあります。わたしもウォーターサーバーを契約していますが、もうウォーターサーバーに戻れないくらいです。その理由を解説していきます。

2-1.ペットボトルは冷蔵庫を圧迫する

ペットボトルは冷蔵庫を圧迫します。2ℓのペットボトルを冷蔵庫に複数いれるとかなりの容量を必要としますよね。

ペットボトルの水だけで飲料水をカバーしようとすると扉部分に入れると最低でも2,3本は冷蔵庫に入れておきたいです。しかし、2、3本入れただけで冷蔵庫にいれただけでいっぱいになってしまうこともあります・・・。我が家では、お茶やコーヒー、牛乳などもストックしているため正直ペットボトルの水を入れておくスペースはないです。

対してウォーターサーバーであれば冷蔵庫を一切圧迫することはありません。そのため冷蔵庫の容量はやや小さめのものを使っていますが、冷蔵庫にはまだまだ余裕があります。

 

2-2.いつでも気軽に使える

ウォーターサーバーのいい点はおいしい水を飲むのに気軽に使うことができる点です。コックを捻ればすぐにお水がでます。ボタン式のウォーターサーバーであればボタンを押せばすぐに適温のおいしい水がでてきます。

ペットボトルですと、冷蔵庫からペットボトルを取り出し、蓋を外してコップに水を入れて、再度蓋を閉め、冷蔵庫に入れる手間がかかります。1回ならまだしも一日に何度も、しかも毎日飲み続けることを考えるとかなりの手間ですよね。

 

2-3.お湯が使える

ウォーターサーバーはいつでもお湯を使うことができます。平均的なウォーターサーバーで80度~90度のお湯が常時使えるようになっています。これが非常に便利です。

例えば夕食を作った後にちょっと一品足したいな、と思う時にフリーズドライをサッと作ることができます。私は以前、ケトルを使っていましたが、すぐにフリーズドライを作りたい!という時は不便でした。

また、急な来客でコーヒーやお茶を作るときもすぐに作ることができて便利です。赤ちゃんのミルクを作る際にも高温でミルクの粉や哺乳瓶の殺菌も同時にできてしまうので便利ですね。

とにかく、色々な場面で時短をすることができるのがウォーターサーバーの利点ですね。

 

2-4.ボトルの容量が大きく管理が楽

ペットボトルの容量は2ℓくらいです。1カ月に24ℓ飲むとして毎月ペットボトルを12本消費することになります。その分のストックとして12本を管理する必要があってとても面倒くさいです。

対してウォーターサーバーのボトルは平均12ℓくらいです。12ℓですと月当たりの消費は2本ですから、管理も容易です。また12ℓあれば一度設置すれば半月はそのままでOKなのも楽なポイントです。

 

2-5.ゴミ捨てが楽

ペットボトルですと毎月数十本のペットボトルのゴミがでます。それらを全て自分で捨てる必要があります。月に12本消費する方でしたら、毎月それを自治体のゴミ捨て場へ持っていく必要があります。物凄く面倒くさいです。

対してウォーターサーバーですと、2種類のボトルが容易されています。

2-5-1.ウォーターパック

ウォーターサーバーのボトルの種類にはウォーターパックというものがあります。袋の中に水が入っているタイプのものです。

ウォーターパックタイプの利点は使い終わったら小さく折りたためるということですね。

写真の右のウォーターパックが使う前の新品のものです。左のウォーターパックが使い終わったものです。折りたたむと手のひらサイズになるのがとてもうれしいですね。

これならゴミ箱に手軽に捨てることができますし、軽いのでゴミ捨て場へ持ち込むのも容易ですね。

 

2-5-2.リターナブルボトル

ウォーターサーバーのボトルの種類でリターナブルボトルというタイプのものもあります。

ウォーターサーバーの上についている部分がリターナブルボトルです。リターナブルボトルの利点はゴミが一切でないという点です。

では、使い終わったリターナブルボトルはどうするのか?というと家の外に置いておきます。するとウォーターサーバーの業者が回収してくれて、代わりに新しいリターナブルボトルを届けてくれます。

実質はゴミが全くでないシステムですので、非常にエコロジーなボトルです。

 

3.個人的結論。利便性ならウォーターサーバー!

ということで、管理人の個人的な結論はペットボトルとウォーターサーバーの水で迷っているのならウォーターサーバーがいい!ですね。ペットボトルのみですとゴミ出しや冷蔵庫の占領で大変なことになってしまうと思うからです。一度使ってみるとその利便性にとても助けられますよ。

-ウォーターサーバー総合情報

Copyright© ウォーターサーバーの口コミ・評価・評判ブログ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.